妊娠中に行うダイエットの弊害

 

妊娠中にダイエットをしたいという女性は少なくないようです。健康な出産のために太りすぎたくないという人もいます。妊娠していてもお腹がポコリと出るのが嫌だという人、赤ちゃんは小さく産みたいと考える人もいるようです。妊娠と、痩せ体型を両立させたいという考え方が適切かどうかはさておき、妊娠時はダイエットはしないほうがいいでしょう。胎児は、妊娠直後の時点ではあまりエネルギーを使いませんが、妊娠後期に入ると成長のために母親の体内にあるエネルギーを使っていきます。妊娠していると、母胎の脂肪量やコレステロールの値は、どうしても高くなってしまいます。ダイエットブームや、痩せ型体型を美しいものとする考え方の中、生まれる子どもが十分に育たずに低体重時での出産になることがあります。妊娠中にダイエットをしすぎると、お腹の赤ちゃんまで栄養失調になってしまいます。栄養不足に陥った胎児は、無事に出産してからも発育不良や、合併症の可能性が高まります。お腹に赤ちゃんがいる時にダイエットをすると、赤ちゃんの育ち具合もよくありません。肥満体質の一因に、妊娠中に母体が十分に栄養摂取をしていなかっった可能性があるといいます。発育過程の栄養量がわずかだったために、以後も栄養はできるだけ使わず貯めようとする体質になります。妊娠している時のダイエットは、母胎だけでなく、胎児にも負担がかかるといっていいでしょう。

 

KIREIMO 料金