漢方薬での薄毛治療

 

薄毛に悩んで治療法を探す人が男女ともに多くなっています。どうして薄毛になるかは、人によって違います。年齢や遺伝は自分の努力ではどうしようもないですし、原因が複合している場合もあります。薄毛に関しては皮膚科で治療をしてもらう範囲のことですが、漢方を使うことで副作用を避けている方もいます。数千年前の中国から受け継がれてきた医療知識が中国伝承医学です。動植物からつくる漢方薬は、体質改善に効果的です。血が余った状態になると、新しく髪ができるようになると言われてきました。薄毛になることと、血行が悪くなることは、極めて近い関係にあります。髪は健康状態を映しだすものと言われ、髪のつやがなくなったり、ぱさついている状態を血虚といいます。血液が足りていないという考えに基づき、血虚に対しては補血のための漢方薬が出ます。毛根へと流れる血液が減り、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなることが、薄毛の要因です。ストレスが蓄積されたり、環境に問題がある場合、円形脱毛症になる男性は大勢います。漢方薬では、自律神経の働きを調節したり、神経を穏やかにさせる漢方薬が処方されています。薄毛になりやすい理由を知り、その上で治療方針を決めるということが重要です。

 

脱毛ラボ料金