就職と経歴書の内容

 

就職活動では、履歴書と並んで職務経歴書も重要です。履歴書だけでなく、しっかりとした職務経歴書が書けることが大事です。履歴書は、フォーマットも決まっています。生年月日、大まかな学歴と職歴、趣味、志望動機など、履歴書に書くべきないようはどちらかという事務的なものです。履歴書では、周りの人とさほど違う内容にはなりえません。一方、職務経歴書は書く人によって内容が一致していません。オリジナルのものが作りやすいですが、逆に何をどう書けばいいかがわからなくなりがちです。履歴書のような決まったマス目を埋めるような書き方ではなく、職務経歴書はどこに何を書くかも自分で決めます。自分なりのスタイルがある人は、職務経歴書を通じて自己アピールをするチャンスになります。しかし、大抵の人は自由書式と言われると困ってしまって、うまく職務経歴書が書けません。職務経歴書の書き方のノウハウ本やインタネットの転職サイトでも、いろいろと職務経歴書の書き方が掲載されています。使えそうだと思った職務経歴書のフォーマットで、まず自分用のものを書いてみましょう。過去に経験した仕事の内容や、その仕事で得た自分のスキルや実績を文字化することが、職務経歴書を書くときには必要です。過去の実績や経験に基づいて自分のできることをアピールし、それによって会社に必要な人材であろうことを主張します。採用企業側の担当者は、全員の履歴書と職務経歴書を丹念に見てているかといえば、そういうわけではありません。求人倍率の高い企業に応募する時は、採用担当者が数十秒しか職務経歴書を見ないこともありますので、内容をわかりやすくまとめることが大事です。

 

カービューの車一括査定