カードローンの金利と注意すべき点

 

カードローンの金利を確認する時の注意点は何でしょう。ちょっとお金が足りないときにカードローンを利用する人もいるようですが、金利表示には注意しなければならないことがあります。多くの金融会社が、自社のカードローンの金利の低さをアピールして顧客を集めているようです。カードローンを決定する時に金利をチェックすることは非常に大切ですが、あらかじめ認識しておきたいことがあります。そのカードローンに金利3%と表示されていた場合でも、審査の結果によっては3%〜8%と、変動幅がある場合があります。金利条件にひかれて審査の申し込みをしても、広告に表示されていた金利ではなく、それより高めの金利になることがほとんどです。最終的な金利は、審査を受けた結果によって金融会社が決めるものですので、相当条件がいい人でなければ最低金利での融資はありえません。カードローンを組んで返済が遅れた場合には、遅れた日数分の金利については通常の金利とは別の金利が適用されることがあります。延滞した場合に増える分は、遅延損害金といいます。遅延損害金の計算は金利に基づいて行われますが、借り入れ時より高金利になってしまいますので、返済時には注意をしてください。カードローンを銀行から借りた時には、市場の動静によって金利が上下する恐れがあります。これは市場金利によって、カードローンの金利が影響を受けるためです。結果的に、借入時より高金利になってしまうことがあります。金利に関する情報収集をきちんとした上でカードローンを利用することが、お金を借りる時には重要です。

 

 

車買取価格 相場