男性が気を付けたい隠れ肥満

 

単なる肥満だけでなく、隠れ肥満率も増えることが、30代以上の男性では問題視されています。男性に可能性の高い隠れ肥満は、内臓脂肪型肥満とも呼ばれているものです。男性にとって悩みの種である隠れ肥満に対策をすることによって、生活習慣病の予防や、メタボ体型にならないための継続的な取り組みを行うことができます。肥満の区別は、外見や体重で識別できると思われがちですが、実際には、見た目だけでは肥満かどうかわからないという人もいます。骨太だったり、筋肉質だったりという男性も多いですが、脂肪が少なければ肥満ではありません。肥満かどうかは、見た目や外見でわかるものではなく、体の中にどのくらいの重さの脂肪がついているかによってわかります。脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪とがあり、どちらがより多いかで内臓脂肪型肥満か、皮下脂肪型肥満かがわかります。血液中により脂肪が溶け込みやすい内臓脂肪型肥満は、高血糖や高脂血症になやりすい体質になるといいます。中年以降の男性は、内臓脂肪型肥満からの生活習慣病に陥りやすいため、注意をしなければいけません。より多くの内臓脂肪を蓄積するようになると、傍目からでもお腹が大きく見えますが、そうは見えない時から内臓脂肪型肥満にはなっています。内臓脂肪が蓄積していることが、一見した限りではわからない状態のことを、隠れ肥満といいます。隠れ肥満になりやすいのは、20代、30代の男性です。気づかないうちに、生活習慣病になっている可能性もありますので、十分に気をつけましょう。
脱毛サロン 比較