体脂肪を燃焼させる運動

 

体内に蓄積されている脂肪を燃焼させることがダイエットでは大事ですが、どんな運動をすると体脂肪を使うことが可能なのでしょう。体脂肪を燃焼させるためには、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。一口に有酸素運動といっても、どのようにして行うかによってダイエット効果は異なります。体脂肪を燃焼させめるためには、どんな有酸素運動をすると効果がより高まるでしょう。筋トレをしてから有酸素運動をすることで、成長ホルモンの働きが活発になり、脂肪が燃焼されやすくなります。筋トレをしておくことで、血液中に脂肪がたくさん溶け出している状態にして、その上で有酸素運動をして脂肪をどんどん燃やしていきます。体脂肪の燃焼を効率良くするには、ちょっと空腹気味というときがいいとされています。人体では、運動に必要なエネルギーをまずグリコーゲンから得ます。グリコーゲンを使い果たしてから体脂肪を使うため、ちょっとお腹がすいている時のほうがグリコーゲンを使い終わるスピードが早まります。とはいえ、空きっ腹での運動は体にはよくありません。体脂肪を効率的に燃焼するためには、心拍数が120〜140程度の運動負荷の時がいいと言われています。イメージとしては、簡単な会話をしながらの運動ができるくらいです。カフェインを摂取してから運動をすることも、体脂肪の燃焼率をアップさせる個とができます。カフェインのサプリメントがいいでしょう。体脂肪の燃焼を促進させるために、有酸素運動を習慣づけましょう。