クレジットの分割払いでの返済方法

 

どんな返済方法を選択するかは、クレジットカードを使う時に重要です。分割払いは、一括で返済をしない時に大抵使われる、クレジットカードの返済方法です。リボルビング払いは使いすぎにつながるので分割払いを利用しようという人も多いといいます。分割払いは、クレジットカードを利用する都度、返済金額や回数が決まります。そのため、何度もクレジットカードで買い物をしていると、1カ月の返済金額が増えがちです。クレジットカードの使い過ぎは自分が苦しいばかりなので、抑止力が働くというわけです。一方、リボルビング払いは何度買い物をしても1カ月当たりの返済金額に上限が設けられているため、安心してカードを使ってしまいます。分割払いと一括払いの返済金額を比べると、借入額が同じでも、分割払いの方が利息分は返済金額が多くなってしまいます。分割払いでは、アドオン方式という計算方法で、手数料を決めることが多いといいます。アドオン方式とははじめのクレジットでの借入金は減少しないものとして計算するものです。実質年率に換算したところ、アドオン方式は思いがけず金利が高くなってしまうことがあります。日々の生活を豊かにしてくれるクレジットカードですが、手数料についても認識を深めておくことです。個々人の懐事情によって使いやすい返済方法は違うかもしれませんが、クレジットカードの返済には、できるだけ手数料のかからない方法がいいでしょう。

 

ディセンシア サエル