肥満が原因で起こる病気

 

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。

 

幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。
人間の体は加齢と共に筋肉や骨の量が少なくなり、体を支えづらくなっていきます。

 

肥満が加わると骨や関節への負担が大きくなり、
腰痛や膝痛などの関節障害を起こす原因になります。

 

また、体重を支えきれなくなった事が原因で転倒し、骨を折ってしまうこともあります。

 

体内の脂肪量が多くなることで、かかりやすくなる疾患もあります。
すい炎、痛風、睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝は肥満が原因の一つになります。

 

子宮がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんなど、体の各部分にできるがんは、
肥満が原因になっているともされています。

 

肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。

 

幾つかの症状が複合して起きる、メタボリックシンドロームなども関わりがあります。

 

肥満を放置していると生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたりして動脈硬化の原因となります。
心臓や脳への血流が止まってしまうなど、命に関わる疾患になってしまうことがあるので気をつけましょう。

 

血糖値を調節するインスリンの分泌量が日本人は少ない傾向にあるため、
肥満になると生活習慣病になってしまいやすいと言われているようです。

 

生活習慣病を起点して起きる重篤な症状を未然に防ぐためにも、肥満の原因は取り除くようにしましょう。