小児肥満の原因と対策

 

子供の肥満増加が問題視されている昨今、
原因の分析と有効な対策が注目されています。

 

肥満になる子供は、カロリーオーバーが原因です。
まだ小さいうちからファストフードばかり食べていたり、高脂質の食事や、
甘いものを食べていては、肥満になってしまいます。

 

離乳食の段階からまず果汁の与えすぎに注意しましょう。

 

なるべく薄味で天然だしを利用し、食事は和食を中心に一汁三菜が基本です。

 

近年では、ファストフードの食事が好きな子供、
カレーやスパゲティなどの単品の料理が好きな子供が多いですが、
肥満の原因になりがちです。

 

間食をしないこと、甘い飲み物を飲まないことなどもポイントです。

 

家の中でのゲームやテレビは時間制限を決めて、体を動かす遊びをするように促しましょう。

 

子供の外遊びが、近年では減少しているようです。
肥満の原因に、体をほとんど動かさない子供が増えてきたことがあります。

 

体を動かす機会を増やすようにしましょう。
近年では、テレビCMで子供を引きつけるような食品などもあります。

 

テレビの時間を減らして外で思いっきり遊ぶようにすれば
肥満の原因となる運動不足も解消でき、食品の誘惑も避けられて一石二鳥です。

 

子供の肥満の原因には、生活サイクルの乱れもあります。

 

子供の肥満を減らすには、早寝早起き朝ご飯を生活の軸として、
食事時間や睡眠時間を確保し、トイレもしっかり済ませるようにすることです。
子供が肥満になる原因は、子供自身にあるだけでなく、周囲の大人の原因もあります。

 

まずは食事、そして生活習慣の改善から着手してみてください。