体重が増える生活

 

体重が増えるか減るかが、生活習慣を見れば大体わかります。

 

家族そろって太っている家は一見すると遺伝が原因のようにも見えますが、
実は生活習慣が家族に引き継がれていることが多いようです。

 

体重はどんな生活習慣によって増加してしまうのでしょうか。

 

生活が不規則なことは体重が増える人の特徴です。

 

睡眠や食事を決まった時間にすることは、
体重が増えたり減ったりすることは関係がないように思えますが、
日々の生活リズムは体重の増減に深く関係しているといわれています。

 

一定の時間に食事や睡眠をとらないと、空腹になる時間が乱れてしまい、
間食の回数が多くなったり、空腹になりすぎてたくさん食べてしまうことがあるのです。

 

まずは朝早く起きる習慣をつけること、
朝ご飯を決まった時間に食べることなどの生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

規則正しい生活ができなければ、体重が増える生活は改善されないと考えていいでしょう。

 

夜にたくさん食べる生活を送っている人は、体重が増える傾向があります。
夕食で摂った分のエネルギーは使用でずにその日は寝てしまうことになり、
昼間起きているときのように食べた後に活動するわけではないからです。

 

夜中の間にどんどん体重が増えてしまうということなのです。

 

一生懸命ダイエットをしてもなかなか体重が減少がしないという人は、
毎日の生活が体重増加の原因になっている場合もあるでしょう。

 

体重が増える生活を改めることで、ダイエットへの弾みがつくでしょう。