銀行系キャッシングの総量規制

 

銀行系キャッシングとは銀行が出資してつくったキャッシング会社のことです。

 

銀行が直接行うキャッシングのことを、銀行キャッシングと呼んでいます。
両者の違いは、貸し主が銀行系の場合と、
銀行の場合とがある中でどのようなところなのでしょう。

 

審査の基準や金利などが、外から見ると類似しているようですが、かなり異なります。

 

金利が高く、利用限度額が少ない代わりに審査結果が出るのが早いのが銀行系です。
低金利で大口の融資ができますが、審査の基準が厳しく、
審査結果がでるまでに時間を要するのが銀行だといいます。

 

大きな差として、銀行は総量規制の対象になりませんが、
銀行系は総量規制の対象になります。

 

年収の三分の一までしか融資が受けられないという法律が、総量規制というものです。

 

貸し主が銀行系の金融会社になったときには、
自動的にキャッシングの上限金額が決定するといえるでしょう。

 

貸金業者として登録されている金融会社は規制の対象となっています。
貸金業者としての登録をしなくても、銀行はキャッシング融資をすることが可能なのです。

 

キャッシングを年収の三分の一という制限より多くしたい場合は、
銀行を貸し主にしたキャッシングを必ずしなければならないでしょう。
基本的に銀行系キャッシングは、大口の融資でなければ不足なく使えますので、
こちらを中心に活用するのがおすすめです。