肥満の人が体重を減らす生活習慣

 

肥満の人が体重を減らそうと思ったら、
いきなり激しい運動や厳しい食事制限をするのはやめたほうが良いといいます。

 

肥満の人が体重を減らそうとする時は、生活の改善から着手してください。

 

とにかく食べ過ぎる傾向が肥満の人にはありますので、
よく噛んで食べる習慣をつけるようにしてください。

 

30回噛んで飲みこむ、というペースで食べていきます。

 

よく噛むことでヒスタミンが分泌されますので、満腹感を感じやすくなり、
少ない食事量で満足できるようになります。

 

多くの場合、肥満の人はたくさん食べ過ぎているために今の体型になっていますから、
まず食事の量を減らすことが大事です。

 

食事を摂る時間は、夕食は9時以前になるようにします。

 

食べる時間が遅くなりすぎると、カロリーが脂肪となって蓄積されやすくなります。

 

仕事などで夜9時以降しか食事が摂れないという人は、夜食の炭水化物を半分にする、
全体の量を減らすなどの工夫をしましょう。

 

体重を減らすために食事を減らす必要があるとはいうものの、
朝ご飯はしっかり摂りましょう。朝ご飯を抜くことは、ダイエットには逆効果です。

 

カロリーオーバーの原因の一つであるストレスは、
朝食を十分に食べることで分泌されるセロトニンによって緩和されると言われているためです。

 

肥満体型の人は、食事以外の理由で肥満になっていることがありますが、
運動量が足りないこともその一つです。
積極的に階段を使ったり、移動は徒歩の機会を増やすなどして、
日々の活動量を増やしていくことから始めましょう。

 

自分にできる範囲で、あまりきついノルマを課せず、階段を一日一回登るなどの決まりをつくるといいでしょう。
肥満を改善するために体重を減らしていきたい人は、普段からの取り組みが大事です。