クレジットカードとキャッシング

 

キャッシングもクレジットも、どちらもお金に関するものですが、
どんなサービスかはそれぞれ異なっています。

 

クレジットカードのクレジットとは信用という意味です。

 

クレジットカードでは信用によって商品を購入します。

 

クレジットカードを提示して決済をすると、手持ちに現金がなくても
クレジットカード会社が代わりに支払うという形で商品が購入できます。

 

後で、カード会社に決済ぶんのお金を払い込めば完了です。
キャッシュを持ち歩かずとも決済ができるので、
お金の持ちあわせがなくても商品を購入することができる仕組みです。

 

クレジットカードを発行しているのは主に信販会社やクレジット会社です。

 

旅行時の傷害保険がサービスとしてついていたり、
カードを使うと使った分だけポイントやマイルが入り、
お得なサービスが活用できることもあります。

 

キャッシングというのは小口融資を受けるという意味です。

 

キャッシングとは、クレジット会社や消費者金融会社など、
金融会社からお金を借り入れることです。

 

キャッシングとしても使えるクレジットカードも、近年では注目されています。
クレジットカードに付帯しているキャッシング機能は、利用上限額があまり高くなく、
キャッシング用のカードをつくったほうが大口の融資が可能です。

 

買い物など多目的に活用した人にはクレジットカードを、
まとまったお金を借りたいという人にはキャシングカードがおすすめです。