不倫に関する問題

 

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するのがオススメです。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にいけません。浮気の証拠は携帯からもつかめますね。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。ですから電話をする可能性も十分考えられます。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、仮面夫婦と化していたり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所が決定します。時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が、お金がかからなくなります。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な手間をかけずに済み、双方にとって利益があります。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいのではありません。不倫をしているのか調べていくと、何かしらのトラブルが起こるものです。そういう時に、一番に依頼人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。探偵が信用できるか否かは、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けてください。成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損しないかと言うとそうとも言えないケースもままあります。成功報酬と言えば、一般的には不成功な結果となった場合、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。ですから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、見つけている人もいるのです。着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら、相当に危ない予兆です。その中でも特に、趣味の良い下着をつけるようになった時、浮気をしていることがありえます。レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもできるかもしれません。最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

 

興信所 費用