探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合

 

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊したと見られることがあるのです。例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることはしないほうがいいでしょう。浮気が発覚したことでパートナーの感情を逆なでしてしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だったとすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。不倫した二人に慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、まずは相手のことを知らなればなりませんし、不倫関係が継続している事を、形として見せられなければなりません。それには探偵の浮気調査が有用で、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、映像に残して貰えますし、適切な形で裁判にでも通用するように、整えて貰えます。浮気調査でなにより大事なのは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確かめるのです。まず探偵について見てみるならば、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かして表立ってリサーチを行うようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよさそうです。浮気調査の費用を節約する方法は、できる範囲のことは自分で前もって調べておくことです。難しい調査ではありません。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのです。日々の仕事に出掛ける時間、帰宅してきた時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。GPS端末を使い、頻繁に行く場所を調査して、見張っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。懐具合が心もとないときには、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、方法の一つです。位置がわかる機械が仕込まれていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。それは男性の場合であっても同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

 

不倫相手 復讐