福祉住環境コーディネーター

 

福祉住環境コーディネーターという仕事がありますが知っているでしょうか?これはまだ資格が設立されて10年と新しいので、知らない人も中にはいるかも知れませんね。福祉住環境コーディネーターの仕事というのは、福祉と、住まいの環境を考えたうえでコーディネートするという仕事です。自宅で暮らしているお年寄りや障害者を対象としてその人たちが安全に快適に、住むことが出来る住宅というのが、どんな環境であるのかということについて、考えて、そして提案をしたりアドバイスをしたり、実際に整備して環境を整えていくというのは、福祉住環境コーディネーターの仕事になっています。福祉住環境コーディネーターというのは、お年寄りを対象にした福祉施設以外でも医療関係や福祉関係、保険関係と色々とつながりがありますから、様々な場所で活躍することが出来る資格です。福祉や医療に携わる人以外でも、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていることで、お年寄りの住まいをより快適に整えることが出来ますので、お勧めの資格です。今注目されている福祉関係の資格でもありますが、1級から3級までレベルがあります。福祉住環境コーディネーターの資格試験の合格率はその年によってばらつきがあるのですが、3級がだいたい30%から60パーセントくらいの合格率で、2級が15パーセントから40%、そして1級は数パーセントというとても低い確率です。少し難易度の高い資格試験といってもいいでしょう。

 

 

ミュゼの申し込みはWEB限定キャンペーンがおススメ