失業保険とアルバイト

 

失業保険をもらっている期間というのは通常は失業中であることが一般的です。しかし多くの人が失業保険をもらっている期間中にアルバイトを隠れてしていると言われています。失業保険をもらっている期間中にアルバイトをしてはいけないということではなく、アルバイトをした日数を申告することで、その分の失業保険が差し引かれるという形になるのが一般的です。失業保険をもらっている期間に、たとえば就職先を見つけて、その就職先が試用期間としてアルバイトでの入社を希望している場合には、試用期間でもしかすると採用されないかもしれませんので、失業保険ももらいながらアルバイトをするという形になります。ばれないから失業保険中にアルバイトをしても大丈夫と言っている人も多いのですが、実際には、ばれたとしても、その期間中にどれくらい収入があったのかなどを自己申告することで、アルバイトをしてもいいことになっていますから、失業保険をもらっている管轄のハローワークへ申し出るといいと思います。失業保険中にアルバイトをしていることを申告しなかった場合に、途中でわかったというケースもよくあると言われています。失業保険中にアルバイトをした場合でも、失業保険の認定日にはハローワークへ行って認定してもらわなければ、それ以後の失業保険がもらえなくなる可能性もあるので、注意しましょう。失業保険を継続してもらうためには認定日に行く必要があります。

 

便秘解消するためのサプリメントは乳酸菌がおすすめ!!